www.ceramic-fc.jp

車の事故が起こった場合己が事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした相手がミスを少しも受け入れないという事は数限りなく聞くことがあります。例をあげれば、わざと起こしてしまったのと違い注意不足で乗っていた車を激突した時などにこういう押し問答になる状況がありそうです。だからと言って、そこで車だけの物損して片付けられ数ヵ月後に後遺症が出た時にかかった病院の証拠書類を提出するのでは後手後手に回るとなるのはしょうがなくなってしまいます。そうであるならば自動車事故の過失割合はどういう基準が設けられているのでしょうか?細かく説明しますと、警察が判断するのは、主に事故の大きな過失が存在するのはどちらかということであって、過失の割合ということではないのです。まして、明確にされた事故の責任者が警察からはっきりする事は事態は有り得ません。そのため、過失の割合は両者の話し合いの結果で明確にされ、この結果が損害賠償額の算定基準です。この時、当事者同士が任意の保険に未加入の場合は、両者が直接的に相談をせざるを得ません。ところが、当然の事ですがそういった方法では、短絡的な言い合いになる場合があります。さらに、お互いの意見にギャップがあれば万一の場合、裁判にまでなりますが、これでは大切な時間と訴訟費用甚大な損となってしまいます。ほとんど事故に関わってしまったそれぞれの当事者についている保険会社、そのように互いの自動車の保険の会社に調整を一任するやり方を駆使して、相応しい過失の割合がどうなのかを慎重に決めさせるのです。この時には自動車保険会社はそれまでに起こった交通事故の事例の結果から計算した認定基準、判例タイムズをベースに、予想と調整を活用して過失の割合がどうなのかを導き出します。と言いつつも交通事故の際には巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかに関わらずまず最初に110番に連絡するのが重要です。その後、保険会社に連絡を取り話し合いを任せるのが順番になります。状況に応じた仕組みさえ分かっていれば、それぞれの不毛なやり取りへの展開を回避できます。

Link

Copyright © 1996 www.ceramic-fc.jp All Rights Reserved.