自動車税というのは前払いで以後一年分の税額

クルマを所有する人でしたら知っているはずですが自動車税というものを支払う義務があります。PBダイアリー うるおって記事(道端ジェシカ)

それでこの税金は、手放す所有車の売却時に一般的に還付される税金なのです。

これというのは現実に実行したら頭に入ってきますが、最初から流れを簡単に案内します。

説明をさせて頂けば、日本で作られているクルマのみが対象ではなく海外の車も還付される対象に決まってます。

クルマについてもそうです。

自動車税というのは自動車を所有する人が支払うものですが税額は車の排気量の大きさで決められています。

1リッター以下なら29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円。

これ以上は500ccずつ5000円増えます。

そしてこの税は4月1日現在のの所有者が、その年度の税額を支払う義務があります。

要は先払いということですから当然クルマを買取してもらって、所有権を手放した場合では先に払った分の金額は還ってくるんです。

自動車税というのは前払いで以後一年分の税額を納付しますので、その年度内に愛車を売った場合には買い取った所有者がお金を支払わなければいけないのです。

売却相手が買取専門店であれば、売却時に先払いしている分の税金を返還してくれます。

まとめると、所有権が移った日からの税は入れ替わったオーナーが納税義務を負います。

自分が10月中に愛車を買い取ってもらった時は、11月から翌年3月までの払ったお金は返金されます。

というのも前述した通り自動車税という税金は一年分を先に支払っているという決まりからも明らかです。

ということは前所有者は買取先に自動車税を返してもらうということです。

業者を介さずに自動車を引き取ってもらう場合何気にこの事実に気付かない人が見受けられるので、確かめるようにすることです。

自動車税という税金は自動車を手放すと還ってくるという知識をあまり知らない人が多いからと言ってそのことを言わない業者もあるのです。

自分から自動車税に関して言わなければ一切そのことには触れないという場合も頻繁に聞きます。

なので愛車の買い取りをお願いする際には払いすぎた税金が返還されるか否かの確認を怠らないようにしてください。

Link

Copyright © 1996 www.ceramic-fc.jp All Rights Reserved.