スプレッドの広さは出費になるので

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利ざやを上げる商品です。仕事 辞めたい アフィリエイト

取引の値段は常時上下しています。

それが為替です。

ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円の話題が流れる時があります。

例としてあげると、「今のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表しています。

言い換えると、買いと売りの2つの値段があります。

売値、買値の事を別の言い方で表示する業者もあったりします。

一般的に売値のほうが買値よりも安価になるものです。

あなたが買値は高く、売値は安くなるのです。

この差をスプレッドといいFX業者の収入とされています。

スプレッド幅は会社によって変化します。

スプレッドの広さは出費になるので、小さいFX取引会社をセレクトするほうが儲けられます。

ただ、同じ会社でも場面によってスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

平常時はドル円のペアでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、為替相場の上下が激しいケースでは1銭よりも大きくなったりする場面があります。

という訳で、スプレッド幅が狭いのと同じく、変わらない事が大切です。

最近では固定でスプレッドの広さを表示する取引業者も数多くあります。

リアルにFX会社の取引画面内でレートを調べなければわからないのですが、とても大切なことです。

多額の投資資金を賭けてエントリーするわけですから、本物の売買の前に、気になるFX取引会社の口座開設をどんどんして示されているスプレッドを知っておきましょう。

同じ外貨でもその時点の市場の変動率によって、外貨のスプレッドの幅は異なる場合があります。

一般的には、インターバンク市場で売買高が多いペアではスプレッドの幅が小さくあとの通貨ではスプレッドの差が広くなる事があります。

Link

Copyright © 1996 www.ceramic-fc.jp All Rights Reserved.