付いているカードしか決済不可な場合もあるし

契約店舗で一切の契約カードが決済可能なわけではない:クレカの契約店舗は一般的に二、三以上のクレカ会社と契約していますが一切の契約店でみなの運営会社の所有クレジットカードが決済できるわけでもありません。バンビウィンク 楽天

つまり昔ながらのショップの場合だとJCBロゴの付いているカードしか決済不可な場合もあるし、今日日の店舗の場合だとVISAとマスターカードのマークの入っているカードしか切れない場面もあるでしょう。クララスティル

ダイナースカードといったカードだったらさらに決済不可な商店が増えるはずです。メルライン

どのブランドのクレジットカードが使えるかをどこで見たら良いのか?「ならばどのような方法でどの所有クレカが使用できるかを見分けるといいんだろう?」といってもちゃんとチェックするんだとすると該当店の従業員に尋ねてみる以外にはないというのが残念だけど正しい回答です。

とはいえども大部分の売り場やショッピングセンターには店舗前の目につきやすいところとかに使用可能なクレジットカードの印が書かれたステッカーが掲示されているため、「そっか、この店舗ではJCBが使えるのか」という感じにわかるようになってるため心配しないようにしてほしいと思います。

というものの、しっかり加入管理が行き届いていない加盟店舗のような場合には、ロゴマークが掲示されている店舗でも「うちではお持ちのクレジットカードは決済いただけません」などという対応を受けてしまうなんてこともあるので、あたふたしてしまう状況に出くわしかねません。

欲を言えば可能な限り全部の加入店で使用できるようにしたいのならば異なるマーク(海外印)がプリントされている一般的なVASA、マスターカードダイナースカード、アメックス、ライフカード、等のクレジットカードを2枚以上は財布に入れておくようにするとよいと思います(例えば:VISAカードを使っているならもう一枚はアメックスがついているクレカを使用するなど)。

もっぱら国内においてはVISA、MasterCard、JCBの3つのブランドが書いてあるクレジットカードをいつも所持していればよほどのことがない限り100%近くの加盟店でいずれかのカードを使うよう準備できていることになります。

クレジットカードを活用して日々節約を目指すためには、上記のカードを作っておいていただくことをお勧めします。

Link

Copyright © 1996 www.ceramic-fc.jp All Rights Reserved.